不妊治療

イソフラボンには腸内細菌がカギ

イソフラボンは多くの良いはたらきがあることと言われています。
特に女性の身体にとって、欠かせない効果があることが、広く知られるようになってきた物質です。
イソフラボンは主にマメ科の植物の胚芽と呼ばれる部分に多く含まれています。

イソフラボンは分子構造が女性の生理周期などに多く関係している、女性ホルモンのエストロゲンに似ていることから女性ホルモンを補う効果もあるとされています。
女性が閉経したあとに、身体の心などのトラブルである、更年期障害で見られる症状のうちほてりなどの軽減に、身体から減少してしまった女性エストロゲンの代わりとしてイソフラボンを摂取することで効くとされています。

最近特に注目されているのが、イソフラボンから作られるエクオールと呼ばれる物質です。
エクオールはイソフラボンを含む食品を摂取した後、腸内に棲んでいる腸内細菌と結合することによって作られます。
エクオールは吸収されやすいアレルゴン型のタイプで、スーパーイソフラボンとも呼ばれていますが、すべての人が腸内で作りだせるわけではありません。

調査によるとエクオールが作りだせるかどうかは、腸内細菌http://xn--eck7bvd2a5dzc.net/good.htmlがカギとなり、日本人の半分ほどは、エクオールが作りだせないと言われています。
大豆を食べる習慣があまりない欧米の方などは7割以上の方が、エクオールを作りだせないと言われています。
エクオールを作りだせる腸内細菌があるかどうかというのは、ソイチェックと呼ばれる腸内細菌の有無の検査をすれば、すぐ分かるようになっています。
また、イソフラボンは悪玉コレステロールを減少させる働きを持っています。

ソイチェックは尿として体外に出されるエクオールを調べるため尿を採取して検査します。
婦人科などのクリニックでも行っている所があったり、また検査キットを購入をして自分で採取した尿を検査機関に郵送することで、10日ほどで結果が返送されてきますので、クリニックに行かなくても自分がエクオールが作り出せる体質なのかどうか簡単に判断することができます。