不妊治療

イソフラボンで女性ホルモンを増加させるには?

マメ科の植物の中でも大豆に非常に多く含まれている物質のイソフラボンは、ポリフェノールの一つです。
女性ホルモンのひとつで女性らしい体を作るために必要なエストロゲンに構造が似ていることから、イソフラボンは植物性エストロゲンとも呼ばれています。
エストロゲンは女性の月経のサイクルに大きく関係しており、卵胞から卵子が出る排卵が起こる直前になるともっとも多く分泌されます。
年代で見ると10代の思春期のころからエストロゲンが多く分泌されるようになり、20代の頃にもっとも多くなりピークを迎えます。

そして30代に入ると少しずつエストロゲンの分泌は減りはじめていき、閉経となる40代後半から50代にかけては急激に分泌が減り横ばいになります。
エストロゲンの分泌が極端に少なくなってしまうことによって、更年期障害による顔のほてりや発汗、イライラするといった身体や心に関するトラブルが引き起こされます。
閉経した女性だけではなく閉経前の女性でも、エストロゲンの分泌のバランスが乱れてしまったことによって、身体の不調を感じることも多々あります。

エストロゲンの分泌を少しでも多くしたり、バランスを整えたりする方法のひとつとして、イソフラボンを多く含む食品を継続して食べることで、エストロゲンの代わりとすることが挙げられますので、大豆製品を意識的に食べるようにこころがけるようにしましょう。
中でもきな粉などは効率よくイソフラボンを摂取できるとされています。
イソフラボンを多く摂るという食生活以外にも、規則正しい生活を送ったりストレスをためないように心がけるということなども、エストロゲンの分泌を増やすためには必要です。

なかなか大豆製品からイソフラボンを摂取することができない方などは、吸収率が高いとされるアレルゴン型のイソフラボンサプリも多く販売されていますので適量を守って、更年期にはイソフラボンを継続して摂取するよう心がけましょう。