不妊治療

生理前ニキビにはイソフラボンで

女性にとって生理前になると、なんらかの体の不調を感じるという経験は、少なからずあるのではないかと思われます。
不調でも、肌が荒れてしまったり赤みができた、ニキビができたといったトラブルは多いようです。
正しくないスキンケアを行うとニキビが残ってしまうこともありますので、注意が必要です。

女性が生理前になると起こると言われる、身体のさまざまなトラブルは、女性ホルモンのバランスによって起こるものだと言われています。
生理が終わった後から卵胞から育った卵子が飛び出す、排卵が行われる前まではエストロゲンという女性ホルモンが多く分泌されています。

また排卵が行われた後、子宮の内膜の厚みが増していき生理が起こるまでの間は、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が活発となります。
受精が行われなかった場合は、分泌量がどんどん減っていき、生理が起こるのです。
エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンのバランスが整っていると、身体の不調は起こりづらいですがバランスが乱れてしまうと身体に不調を感じたりすることにつながり生理前だけではなくずっと不調だという人も中にはいます。
生理が終わった後から排卵の前まで分泌されるエストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれ肌の調子を良くする効果があります。
そのためニキビなどの吹き出物ができるのを抑える女性ホルモンです。

また、排卵の後から、生理の前まで多く分泌されるプロゲステロンは、黄体ホルモンと呼ばれ受精した卵を子宮に着床させ、胎のうという状態へ育てあげる効果があります。
また、皮脂が多く出ることを促す働きもあることから生理前はニキビができたり、肌荒れとなる原因となってしまうのです。
生理前の不調が顕著な場合や、ニキビが気になってしまう女性はイソフラボンを摂りましょう。
女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるイソフラボンを摂るように心がけると、肌の調子が改善されると言われています。