不妊治療

薄毛予防にイソフラボン

ポリフェノールの一種であるイソフラボンは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに良く似ている構造となっています。
女性特有のトラブル防止などの効果があるため、どうしても女性に注目されがちです。
しかし最近では男性にもイソフラボンは薄毛防止の効果が見られることが分かってきました。

イソフラボンは薄毛予防に効果があると言われています。
男性の薄毛は、AGAとも呼ばれている男性特有の脱毛症で主に頭頂部を中心に薄毛が広がる状態のことを指します。
AGAが起こるメカニズムには、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが、酵素によって、テストステロンという物質に変わります。

このテストステロンが薄毛に大きくかかわってくるのです。
テストステロンは男性らしい体を作るために必要な男性ホルモンではあるのですが、ホルモンバランスの不調などによって、皮脂が多く出てしまい毛穴の汚れが増えたり、毛根の成長を妨げたりといった抜け毛の要因となります。
大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きがあることから、植物性エストロゲンとも言われています。
イソフラボンを摂取することで、テストステロンの分泌を抑える効果があり薄毛予防につながります。

また肌にうるおいを与えたり、髪の毛のツヤなどにもかかわってくる効果がありますので毛穴のつまりを解消することにつながります。
イソフラボンは大豆を加工した製品に主に含まれていることが良く知られています。
日本人にとって身近な食事には味噌や豆腐や納豆など、イソフラボンが含まれる食材が豊富に使われています。
日常的に大豆を使った食材のメニューを食べるようにして、なるべく継続して摂るように心がけましょう。

大豆の加工食品を食べる機会が少ないといった場合には、吸収率が良いイソフラボンのサプリメントが販売されていますのでサプリメントで補えます。
1日の適量は30ミリグラムとされていますので、過剰摂取には気を付けましょう。