不妊治療

ニキビ肌にはイソフラボンを含む化粧水が良い?

大豆に多く含まれていて、苦みなどの元となる物質で、ポリフェノールの一種であるイソフラボンは、女性にとって必要とされるホルモンのひとつである、エストロゲンに良く似ている分子構造となっています。
そのため、植物性エストロゲン、もしくはエストロゲン様とも呼ばれています。
イソフラボンには減少する女性ホルモンの代わりに働き、更年期障害や骨粗しょう症を予防する効果があり、同時に女性ホルモンが多く分泌することを抑えるはたらきもあることから、乳がんなどの予防にも役立つと言われています。

さらにイソフラボンは、活性酸素の発生を防いだり肌の潤いを保つ効果があることが知られるようになってきました。
そのためイソフラボンを含む化粧水をはじめとする、化粧品などが開発されるようになってきました。
イソフラボンを含む化粧水を肌に付けることで、肌にとって良い効果がいくつもあるとされています。

ひとつめには保湿の作用が挙げられます。
保湿は良く知られているように、肌の乾燥を防ぐためのスキンケアの基本となり肌のトラブルを予防するという効果があります。
加齢とともに肌に表れるようになる、シミやくすみなどにもイソフラボンを含む化粧水は有効だとされています。
シミができてしまう原因となるメラニンが生成されることを抑止する効果があるのです。
イロフラボンを含む化粧水はニキビ肌にとって有効だとされています。
女性ホルモンであるエストロゲンプやロゲステロンといった物質のバランスを調整するというはたらきがあり、また毛穴の皮膚を柔らかくするという効果もあることからニキビを抑えることができるのです。

イソフラボンを含有する化粧水を効果的に肌に染み込ませるためには、ただやみくもにバシャバシャと肌にかけるように付けるというのではなく、少ない量を手の肌にとり、顔にぴったりなじませるようにしましょう。
2分から3分おきに3回ほどに分けて化粧水をつけると、もっと肌のなじみが良くなり効果が出やすくなります。